スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZENART

DSC07097.jpg

マラガへ行ってきた。マドリッドはやや肌寒い
天気であったが、マラガに着くと日差しがまだ
強い・・。

スペイン政府が観光に力を入れているせいか最近
のマラガはおいらが随分前にいた頃とはかなり
変わってしまった。ピカソ美術館なんてぇものも
できたし・・。

今回のマラガ行きの目的のひとつは昨年?マラガ
にできたという和食レストランに行くこと。なん
でも日本から料理人を4人も連れてきたとかで期待
がもてそうなのであった。場所はピカソの生家が
あるメルセデス広場をアルカサバ方面に少し登って
いったところ。店の雰囲気は日本のBARみたいな
感じで照明が暗い。どこへ行っても居酒屋状態の
スペインには珍しく店内はすごく静か・・。

純和風の食事を期待していたのだが、創作料理的
なものが多く少々期待外れ。値段もかなり高め。
こんなに高くて客が入るんかいな・・とちょっと
心配したが他国からの観光客が多いせいか9月の
平日にしてはまぁまぁの入りといった感じ。

マラガの隣町トレモリーノスにサラ・デ・トキオ
なる和食屋にかなり前に行ったことがあるが、
ここは酷い。これまで食べた海外の和食の中で
一番不味い・・というほど酷かった・・という
ことをふと思い出した・・。

Zenartは純和風ではないが味はそれなりに美味い
です。

Zenart
場所  : マラガ
(Mundo Nuevo 4 / 952060079)
種類  : 和食創作料理
味   : ★★★★☆
雰囲気 : ★★★★☆
予算  : 45~55ユーロ/一人
満足度 : ★★★☆☆
スポンサーサイト

Arroz con Almejas

DSC06387.jpg

随分前に買ったきのこの瓶詰めをもてあましていたので
あさりときのこのリゾットを作ってみた。なかなか美味
しくできた。

<作り方>
①たまねぎのみじん切りをオリーブ油で炒める。
②米を入れて透明になるまで炒める。
③あさりと別のフライパンでオリーブ油で炒めた
 きのこを入れる。
④白ワインを入れる。
⑤スープストックを入れる。
⑥好みで適当にチーズを摩り下ろして入れる。
⑦ボアラ!

Ensalada de Pulpo

DSC06164.jpg

蛸サラダ・・である。ビナグレータというのがあって、
それはたまねぎ、ピーマン、トマトなどを細かく刻んで
オリーブ油とビネガーであえたものである。そのまま
食べても美味いが、それにムール貝の剥き身を入れたり
海老を入れたり、タコを入れたりすると高くなる。時々
カニもどきも入ったりすることもあるのだが、あれが
入るとせっかくの料理がなんだか安っぽく見えるので
個人的にはやめて欲しい・・と思っている。

マラガで食べた蛸サラダは野菜と蛸が細かく刻んで
あって非常に美味かった。ムール貝や海老などの
余計?なものが入っていない分値段も安くて幸せで
あった。スペインの蛸は時に柔らかすぎるのが難点。

El Espigon

DSC06022.jpg

今年はコロンブスが亡くなって500年だそうである。
そのせいか、セビージャの大聖堂には立派な像に
担がれた棺の中にコロンブスの遺骨が入っていた。

出張者と大聖堂を見学した後に食事へ・・。セビー
ジャにはなかなか美味しいレストランがあって
よろしい。今回はエル・エスピゴンへ・・。この店
はマドリッドにもあるが、おそらくセビージャが
本店であろう。

今回は茹でたエビ、大正エビをふたまわり程度大きく
したようなエビの塩焼き、マテ貝、小エビのかき揚げ
などを食べる。マテ貝は非常にジューシーで美味。
小エビのかき揚げはマラガのものと違って、小エビが
ぎっしりつまったものが揚げてあり、ご飯にのせたり
蕎麦などと一緒に食べたら美味そうな感じであったが
少々あぶらがきつく、その後の揚げ物はギブアップ。

他のテーブルで注文したいた品の中にイソギンチャク
の揚げ物らしきものを発見・・。食べてみたい・・。

El Espigon
場所  : セビージャ
(Bogota 1 / 954626851)
種類  : スペイン料理
味   : ★★★★☆
雰囲気 : ★★★★☆
予算  : 40~50ユーロ/一人
満足度 : ★★★☆☆

Calabacin

DSC06388.jpg

スペインの離乳食はポテト+ニンジン+西洋ねぎから
はじまって、これに鶏のささ身、インゲン、ズッキーニ、
さらに赤身の肉などを徐々に一品づつ加えていく。ヨー
グルトは8ヶ月、白身の魚は9ヶ月、卵は10ヶ月からで
ある。日本の離乳食とは多少順番が逆のものもあるよう
な気がする。

もうすぐ8ヶ月になる息子の離乳食用にうちには野菜が
沢山ある・・。エル・コルテ・イングレスというデパー
トのスーパーで買うと、ひとパックの量が多すぎる・・
そして必ず腐ったものが混入している・・ので処分に
困る。で、今日は離乳食の残りのズッキーニを焼いて
みた。オイラはへちまの親戚のように見えるズッキーニ
があまり好きではないのだがまぁ、鉄分も豊富なよう
だし、たまには良いか・・といった感じ。

Ensalada de Tomate con Ajo

DSC05900.jpg

スペインでは直接的・間接的にトマトをよく食べる。
パエジャにもトマトは入れるし、カツオをトマトソース
で煮込んだりもするし、トマトはスペイン料理の重要
な味付け食材であろう・・。

スペイン南部のアンダルシアでは夏にはトマトを使った
冷たい野菜スープ、ガスパッチョがよく食べられるが、
トマトのサラダもよう食べる。写真のトマトはスライス
してあるが、ちょっと熟し気味のトマトをぶつ切りに
して、細かく刻んだニンニクを混ぜ合わせたオリーブ油
をかけて食べると非常に美味い。マラガの友人のお母
さんがよくこれを作ってくれました。ポイントはオリー
ブ油たっぷりめ・・かな。前菜のサカナのフライと供に
食べると非常によい組み合わせである。

Pescaditos Fritos

DSC05901.jpg

スペイン南部アンダルシア地方の名物は小魚のフライで
ある。カタクチイワシのような小さいイワシ、ホタルイカ、
イカのリング揚げ、などその他諸々のフライ盛り合わせ
である。個人的にはこういうフライにはエビフライにかける
ようなタルタルソースをかけて食べると美味そう・・と
思うのだがこちらはレモンをかけて食べる。こちらのフライ
は軽く揚がっているので胃にもやさしく、かなりの量を
食べれる。店によっては付け合せにトマト、ピーマン、
たまねぎをガーリック・オリーブ油でじっくり煮込んだ
ものがでてきて、これが魚のフライによく合うのであった。
こういう小魚のフライはキンキンに冷えた辛口白ワイン
が合うと思われる・・。

Tortillas de Camarones

DSC06165.jpg

スペインでも地中海沿岸部と内陸部では食べ物が違う。
沿岸部は内陸部よりも魚や野菜を多く摂取し、よって
痩身が多い・・ような気がする。特にマドリッドと沿
岸部では女性の体型が顕著に違うように思えるので
あった。

トルティージャス・デ・カマローネスとは作り方はよう
わからんがエビせんべいのようで美味い!これまで
なかなか食べる機会がなかったのであるが、今回休暇先
で食べて、こんなに美味いならもっと早くから食べる
べきであった・・と反省。

Lubinas

DSC06025.jpg

最近のマドリッドは暑さがぶり返して暑い!スペイン人は
同僚と喋りながらレジを打ったり、タバコを吸いつつ携帯
電話をかけながら運転したり・・の人が多い。今朝バスを
待っていたら新聞を読みながら赤信号をちんたら渡っている
人がいて、あやうく車にひかれそうになっておった・・。
スペイン人の行動は日本人には時に理解し難い・・。

イワシと一緒にスズキも串に打たれて焼いているのを見て
思わずスズキを注文。こちらの魚は酔っ払いのように真っ
赤な顔をしている魚を時々見かけるのであるが、串に打た
れたスズキはスッキリして実に良い顔をしていた・・ので
焼き上がりも上々で非常に美味かった。あとは白いご飯と
醤油があればいうことなし。

Sardinas

DSC05906.jpg

1週間ほど休暇で地中海沿岸の町へ行ってきた。
8月のマドリッドは休業の魚屋が多く美味い魚が
食べれなかったので休暇先で毎日鰯を食べた・・。
粗塩を振って串に刺して炭で焼いたものだった
ので非常に美味い。また鰯が新鮮だったせいも
あって毎日食べても食べ飽きない!

スペインの海水浴場にはチリンギートというのが
ありまして、日本風に言えば、海の家みたいな
感じ・・但し更衣室とはなく飲み物および食事を
だす海辺にある店である。こういう店の客は皆
水着姿だったりするので魚の炭焼きも手づかみで
食べれるし、値段も安いので非常に良い!

プロフィール

糸島九州男

Author:糸島九州男
TOP

美味いスペイン料理を食べ過ぎて、
コレステロール値がバカ高くなって
しまいました・・。コレステロール
値改善中ではありますが、色々美味
しいものを紹介したいと思います。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。