スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Casa Paniza

20060515090212.jpg

最近エルブジの影響かこぎれいなレストランが多いので
あるが、このカサ・パニサはクラシックなスペインの
レストランである。この店の名刺にアラゴン料理・・
なんて書いてあるが、スペインの大衆レストランである。

日本で言う1階がバルになっていて、団体旅行客が入れる
くらいに広い地下がレストランになっている。レストラン
も定食コーナーア・ラ・カルタのコーナーに分かれていて
とても広い・・。ここはコース・メニューだけでなくタパス
料理もたくさん種類があるので、フルコースは食べきらん
・・というときも問題なし。

ここのコシードは家庭的で美味そう!

Casa Paniza
場所  : マドリッド
(Orense 37 / 915551009)
種類  : アラゴン料理
味   : ★★☆☆☆
雰囲気 : ★★★☆☆
予算  : 25~30ユーロ/一人
満足度 : ★★★☆☆
スポンサーサイト

Carabinero

20060514033829.jpg

今年もマドリッドは水不足らしい。TVでもよく水を節約
しましょう・・みたいな宣伝をしている・・。本格的な
乾季の6月の前に、願わくば、もう少し雨が降って欲しい
ところである・・。

スキャンピも美味いが、この真っ赤なカラビネーロという
エビも美味い!でも、高い・・けど、美味い!すぐに金の
話になって恐縮だが、このエビもやっぱりキロ80ユーロ
くらいするので、滅多の手が出せない・・。いくらでかい
エビとは言え、2匹で20~30ユーロもしては、なかなか
手が出ない・・。

このエビは肉もさることながら、液状のミソがたくさん
はいっているのでこれ肉にからめつつたべるとひときわ
美味いのであった。マルセイユでこれの小型を食べたが
それほどバカ高くはないわりには結構美味かったので
これからは小型を探そう・・。ガーリックオイルでジュ
ワ~と焼いて食べるのが美味いと思う・・。

Himawari

DSC02390.jpg

ここ数年スペインは和食ブームである・・というか、和食
イコールすし&天ぷらという感じで、どの店もすしが売り物
である。しかし、すしは好きだけれども、個人的にはラーメン
も食べたいし、餃子も食べたいし、焼き魚だって煮物だって
かまぼこだって、なんでも食べたいのである。

最近できた「ひまわり」はちょっとわかりにくいところに
あるが、店の人たちも感じが良いし、店の雰囲気も落ち着いて
いてよいし、すしがないのでスペイン人も少ないし、落ち
着けて非常に快適なのであった。スペインのレストランは
どこへ行ってもたいていは日本の居酒屋並にうるさい・・
のであった。

「ひまわり」で牡蠣丼を食べた。牡蠣フライを卵でとじた
ものか・・と思ったら、牡蠣をそのまま卵でとじたもので
あっさりして美味かった。冷凍だけれども日本の牡蠣を
使っているということで懐かしい味でもあった。他にも
色々食べていたので、結構ハラが一杯だったのだが、ここは
お米も美味くて完食。ごっつあんです。

Himawari
場所  : マドリッド
(Tamayo y Baus 1 / 913605013)
種類  : 和食
味   : ★★★★☆
雰囲気 : ★★★★☆
予算  : 25~35ユーロ/一人
満足度 : ★★★★☆

Gambon

DSC02658.jpg

スペインはエビの種類が豊富である。冷凍のものは安いが、
新鮮なエビはバカ高い。いつも行くチャマルティン市場は
新鮮ではあるが値段が高めなのであまり参考にならぬかも
しれないが、この前吟味していたら大正エビのようなものが
キロ75ユーロ!特大スキャンピもキロ80ユーロ程度、
中級スキャンピは55ユーロ程度、小型スキャンピはグッと
落ちて、キロ19ユーロ。恐らく小型のスキャンピは冷凍
を解凍したものであろう・・。

あまりにもエビが高いので、GAMBONという冷凍エビ
(キロ25ユーロ程度・・)を購入。姿は大きかったが
冷凍だったので味はちょとイマイチ・・。スペイン語で
エビはGAMBA、語尾にONは大きいものをあらわすとき
に使うので、GAMBONは要は大エビっつうことか・・と
納得。

Chicharro

DSC02729.jpg

5月5日はうちの子供の初節句。スペインでは5日は就労日
なので、我が家は6日にお祝いすることに・・、という
ことで朝9時頃に起きてチャマルティン市場へ買物に・・。

しかし、マグロなく、購買意欲がガクッと落ちるが、それ
でも30分も待たされると何かしら買わねば・・と言う感じ
になり、エビ、アゲマキ、ハマグリ・・そして鮮度が良さ
そうな小あじがあったので大量買い。〆て40ユーロ。少々
高い気もするが、ここの魚屋は鮮度が良いので仕方あるまい。

うちの妻は育児に疲れていても、魚をさばくことにかけては
非常に積極的で、オイラが家に着くなり早速アジをさばき
初める。アジはたたきに、骨はカリッと揚げて食べました。
美味い!

Ensaladilla Rusa

DSC01970.jpg

スペイン人の名前はホセとかマリアとか至極シンプル
なものが多い。よってホセ・マリアだとかホセ・ルイス
とか名前を2つ組み合わせるものが多いのか・・?
一方で苗字はもっと複雑である。例えばうちの大家の
名前はカベサ・デ・バカである。バカと言っても馬鹿
のことではなくて、スペインでは牛という意味である。
で、苗字が牛の頭さんである。日本風に言えば牛頭さん?

話は変わるが、ポテトサラダが大好きである。毎日食べ
ても飽きないほど好きである・・。先日はビュッフェで
ポテトサラダ!と思ってごっそりとったものがパイナッ
プルのクリーム和えみたいなもので失敗した・・。スペ
インには何故「ロシア」なのかようわからんが、日本語
にするとロシアン・サラダ?というものがある。ポテト
に赤ピーマンやオリーブやツナおよびその他を入れてマ
ヨネーズで混ぜあえたものである。オイラの個人的味の
嗜好にちょっとあわない・・のが残念・・。

Cigalas

DSC02416.jpg

この前「マキナ」で食べたスキャンピが美味かったので
チャマルティン市場でまたまたスキャンピを購入。
大きなスキャンピはこちらでもメインとして食べること
もあるほど格付けでは上位に類する。個人的評価でいく
と、スキャンピはエビ類の中では横綱昇進間近の大関と
いったところか・・。茹でても良いが、肉の甘みが封じ
込められる?ように半身の立切りにしてオリーブ油で
ジュッと焼くのが美味い!スキャンピの肉はイセエビ
ほど固くなく、甘みがありなんとも言えず、良い味で
ある・・。

El Pato Mudo

DSC02265.jpg

うちの妻のお友達の予約でパエジャを食べに・・。
この店にはこれまで行ったことがなかったが、ミシュ
ランのガイドブックにも載っていたので、ちょっと
期待しつつ行く。イカ墨パエジャと雑炊風のものを
頼んだが味は上々。スペイン料理は時に量が多すぎる
が、ここのパエジャは適量。4人前を4人で食べて
ちょうど良いくらいの量。値段も良し。

El Pato Mudo
場所  : マドリッド
(Costanilla de los Angeles 8 / 915594840)
種類  : 米料理
味   : ★★★☆☆
雰囲気 : ★★★☆☆
予算  : 25~35ユーロ/一人
満足度 : ★★★☆☆

Morcillas

DSC01794.jpg

スペイン人は子供を可愛がる人たちが多いので子育てが
しやすい国である。階段でのベビーカーは誰かしら
必ず手伝ってくれるし、電車の中で子供が泣いたり、
騒いだりしても誰も嫌な顔をせず、あやしてくれたり
するし、街中を歩いていれば、ベビーカーの中を覗き
込んで一言二言コメントしていく人たちが必ずいる・・。
子供ができてからは、近所のじいさん、ばあさんから、
子供はどうだ?と毎日声をかけられ、近所との会話も
増えた・・。

モルシージャスは豚の血のソーセージである。それに
米が入っているのがブルゴス風で、玉ねぎの微塵切り
などだけで米が入ってないのがアストゥリア風と聞いた
ことがある・・。米が入ってないものも美味いので
あるが、かなりヘビー。米が入ったタイプのほうが
食べやすい。

モルシージャスはぶつ切りにして焼いて食べても良し、
卵などと混ぜてオムレツ風にして食べてもよし・・少々
コレステロールが高すぎる・・気もするが・・。

夏に食べると食後に暑くて、暑くて食べたことを後悔
することになりかねない・・ので、寒い冬に食べるのが
お勧め・・。

プロフィール

糸島九州男

Author:糸島九州男
TOP

美味いスペイン料理を食べ過ぎて、
コレステロール値がバカ高くなって
しまいました・・。コレステロール
値改善中ではありますが、色々美味
しいものを紹介したいと思います。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。